ABOUT US

HOME > 企業情報
「良品は声なくして人を呼ぶ」

ごあいさつ

1970年の創業以来,当社は一貫して刃物工具の生産・販売に従事してまいりました。当社の掲げる企業哲学は「良品は声なくして人を呼ぶ」。つねに物づくりへのこだわりを持ち、時代とともに高度化・多様化するニーズにお応えするため、製品の改良・品質追求を続ける中で今日にいたりました。これもひとえに皆さまのご支援ご愛顧の賜物と深く感謝しております。 今後も時代の大きなうねりの中にあって、刃物づくりの本質を見失うことなく、かつ皆さまのご期待に添えますよう、人財と設備を融合し、高精度・高品質・安定供給のさらなる向上を目指してまいります。 どうぞ皆さまには、変わらぬご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

企業情報イメージ

会社概要

称 号   株式会社 真誠
設 立   1973年7月2日
資本金   1,000万円
代表者   代表取締役 佐藤 哲也
所在地   浜松市南区寺脇町745番地
事業内容   工業用機械刃物(丸鋸チップソー)
の開発・設計・製造・販売
営業品目   ▪︎金属加工チップソー
    ▪︎木工加工チップソー・カッター・ルーター
    ▪︎ダイヤモンドチップソー・カッター・ルーター
JAB
組織図

会社沿革

1970   浜松市頭陀寺町にて、佐藤敏郎が新誠工業所を創設
    木工用のカッター、ルーターを製造
1975   有限会社新誠工業所に改組
1980   株式会社真誠工業に改組
1987   ドイツ製自動ろう付機を導入
1992   新工場(寺脇町)に移転  2代目 佐藤充が代表取締役に就任
    ドイツ製自動供給機付き先端研磨機を導入
1997   ろう付け機や研磨機を積極的に設備投資
    ダイヤモンドカッター、ルーター、チップソーの生産開始
2005   木工機械展2005 展示会に初出展
    OEM供給から自社ブランドの確立へ
2007  

EMOハノーバー (ドイツ)

    各国への輸出を開始しパートナーを構築
2008   IMTSシカゴ、JIMTOF東京、METALEXバンコクに出展
2009   ISO9001を認証取得
2012   第2工場を9月に増設し設備を増強
2017   6月 バンコクへ合弁会社真誠タイを設立
2020   創業50周年を迎える
    10月 佐藤哲也 代表取締役に就任
企業情報イメージ2

生産設備

1F

  • ❶ NC平面研削盤
  • ❷ 全自動腰入機械
  • ❸ 全自動ろう付機
  • ❹ 全自動チップソー研磨機

2F

  • ❶ 全自動チップソー研磨機
  • ❷ レーザーマーカー機
  • ❸ マイクロスコープ検査器

3F

  • ❶ NC放電加工機
  • ❷ 万能工具研削盤
  • ❸ NC旋盤

第2工場

  • ❶ 全自動チップソー研磨機
  • ❷ マイクロスコープ検査器

真誠のビジョン

経営理念

「時代を見つめ 技術を磨き
未来を刻む」をモットーに、
お客様、社員の幸せを実現し
社会を豊かにします

「時代を見つめ」
時代の変化を見つめ、ニーズを捉えた技術開発。お客さまの課題を見つめた、きめ細やかな対応。周りを見つめ、工程を見つめた品質管理。それらを背景に、あらゆる素材を美しく切断する優れた刃物を生み出し、世界中のユーザーのもとへお届けします。


「技術を磨き」
ひとりひとりが自らの技術力・人間力を磨く。つねに仲間と切磋琢磨することで、組織力を高める。恐れることなく最新技術を導入し、挑戦を続けることで商品力を磨く。メーカーとして、あらゆる要素を磨き抜き、その力でステークホルダーすべての人生を輝かせます。


「未来を刻む」
理想は強小カンパニー。小さくても強い会社です。その目標に向かって、ひとりひとりが「切る」の未来を考え、仕事を楽しみ、つねに挑戦できる風土・環境づくりを推進。モノづくりの原点である切断技術で、世界の人々を幸せに。そんなゆたかな未来を刻んでいきます。

基本方針

 1. お客様へ真心を込めた製品、安定した製品、サービスを提供し続けます
 2. お客様のために役立つ、困っていることを迅速に解決し続けます
 3. 世の中に役立つ商品を創造し、価値を提供し続けます
 4. 品質管理、原価低減に努め、お客様の満足と信頼感を得られる製品を提供します
 5. 常に社員が進化し、生き生きとやりがいをもって働ける職場環境をつくります
 6. 夢、希望、笑顔があふれる会社を目指します

行動理念

 1. お客様への納期と約束を守ります
 2. 就業規則を遵守します
 3. 社会人として良識ある行動(言葉使い、元気な挨拶、マナー)を心がけます
 4. すべての業務を一生懸命、ハキハキ、取り組みます
 5. 3S(整理・整頓・清掃)を徹底して行います
 6. ムダを削り、生産効率を高め、利益を追求します
 7. 仲間を思いやり、チームワークや協調性を重視し成果を高めます
 8. 素直な心をもって、人間力を高め、社会と会社に貢献します
 9. 変化を恐れず、即行動、挑戦・成長し続け自分の価値を高めます
10. 目的、目標を明確にし、価値ある人生となるよう努めます

人事理念
自らを律し、考え、行動できる「人財」を目指す

ブランドについて

「真誠」こそSHINSEIのブランド・アイデンティティです。

「真誠」とは、いつわりのない真実を意味する言葉です。そして、真誠の企業哲学は「良品は声なくして人を呼ぶ」にあります。つまり、真誠の目指す企業像とは、いつの時代も「真」の実戦力・商品力を備えたホンモノの製品を顧客企業に提供。「誠」を尽くして、顧客企業のよきパートナーであり続けることにあります。私たちのブランドロゴマークには、このような企業&製品イメージを強力に発信し、皆さまとのより深くスムースなコミュニケーションを育みたいとの願いを込めています。

デザインについて見る

SDGsへの取組み

SHINSEIはこれらのゴール達成のために活動を続けます。

持続可能な開発目標(SDGs)とは、「Sustainable Development Goals」の略称であり、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。
真誠はこの「SDGs」に賛同し、事業活動を通じて持続可能な社会の実現を目指すべく、1970年の創業以来当社は一貫して刃物工具の生産・販売に従事してまいりました。時代とともに高度化・多様化するニーズにお応えするため、お客様と共に鋸製品の改良・品質追求を続け、モノづくりの原点である切断技術で、「世界の人々を幸せ」に。そんなゆたかな未来を刻むべく、我々の会社運営を通じ持続可能な社会の実現に貢献できるよう日々取り組んでまいります。

ACCESS MAP

東名高速浜松インターチェンジより、県道65号線、国道1号浜松バイパス経由で25分。